Toward the overthrow of half of a major paradigm for interfacial structure deduction, with special attention to the massive transformation in Ti-46.5 A/O Al alloy

J. F. Nie, B. C. Muddle, T. Furuhara, H. I. Aaronson

研究成果: Article査読

21 被引用数 (Scopus)
本文言語English
ページ(範囲)637-645
ページ数9
ジャーナルScripta Materialia
39
4-5
DOI
出版ステータスPublished - 1998 8月 4
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 材料科学(全般)
  • 凝縮系物理学
  • 材料力学
  • 機械工学
  • 金属および合金

引用スタイル