Synthetic approach to kendomycin: Preparation the C-glycosidic core

Tetsuya Sengoku, Hirokazu Arimoto, Daisuke Uemura

研究成果: Article査読

20 被引用数 (Scopus)

抄録

Synthesis of the C13–C19 C-glycoside portion of kendomycin was achieved via oxidative pyran cyclization and Claisen rearrangement to construct the fully functionalized aromatic ring.

本文言語English
ページ(範囲)1220-1221
ページ数2
ジャーナルChemical Communications
4
10
DOI
出版ステータスPublished - 2004 1 1
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「Synthetic approach to kendomycin: Preparation the C-glycosidic core」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル