Synthesis of the Enatiomers of Lasiol, the Major Volatile Component of the Mandibular Gland Secretion of Lasius meridionalis

Shigefumi Kuwahara, Yasuo Shibata, Akira Hiramatsu

研究成果: Article査読

14 被引用数 (Scopus)

抄録

Both enantiomers of lasiol, erythro‐2,3,6‐trimethyl‐5‐hepten‐1‐ol (1), were synthesized in 6 steps from the enantiomers of 3‐methyl‐4‐butanolide (2).

本文言語English
ページ(範囲)993-995
ページ数3
ジャーナルLiebigs Annalen der Chemie
1992
9
DOI
出版ステータスPublished - 1992 1 1
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 物理化学および理論化学
  • 有機化学

フィンガープリント

「Synthesis of the Enatiomers of Lasiol, the Major Volatile Component of the Mandibular Gland Secretion of Lasius meridionalis」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル