Sigmatropic and haptotropic rearrangements in organometallic chemistry

Ilya D. Gridnev

研究成果: Review article査読

54 被引用数 (Scopus)

抄録

This review describes two kinds of fluxionality in organometallic compounds: rearrangements proceeding via breaking and reformation of either σ-(sigmatropic rearrangements) or π-bonds (haptotropic rearrangements).

本文言語English
ページ(範囲)1798-1818
ページ数21
ジャーナルCoordination Chemistry Reviews
252
15-17
DOI
出版ステータスPublished - 2008 8
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 物理化学および理論化学
  • 無機化学
  • 材料化学

フィンガープリント

「Sigmatropic and haptotropic rearrangements in organometallic chemistry」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル