Oxidative desulfurization-fluorination of alkanol xanthates. Control of the reaction pathway to fluorination or trifluoromethoxylation

Kiyoshi Kanie, Yoichiro Tanaka, Masaki Shimizu, Manabu Kuroboshi, Tamejiro Hiyama

研究成果: Article査読

32 被引用数 (Scopus)

抄録

The reagent consisting of 70% HF-py (py = pyridine) and a halonium oxidant converts R-OCS2Me into either R-OCF3 (R = primary) or R-F (R = secondary, tertiary or benzylic) whereas the 50% HF-py system converts R-OCS2Me (R = secondary) into R-OCF3.

本文言語English
ページ(範囲)309-310
ページ数2
ジャーナルChemical Communications
3
DOI
出版ステータスPublished - 1997 1月 1
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「Oxidative desulfurization-fluorination of alkanol xanthates. Control of the reaction pathway to fluorination or trifluoromethoxylation」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル