Generation and aromaticity of 2-silaimidazolium ion, a new π-conjugated silylium ion

Shintaro Ishida, Tohru Nishinaga, Robert West, Koichi Komatsu

研究成果: Article査読

24 被引用数 (Scopus)

抄録

A novel cationic silaaromatic, 2-silaimidazolium cation (5), was synthesized by chloride abstraction from the corresponding chlorosilane (4) with [Et3Si(benzene)]+·TPFPB- (TPFPB - = tetrakis(pentafluorophenyl)borate); cation 5 exists as a free silylium cation in solution due to bulky substituents on the five-membered ring.

本文言語English
ページ(範囲)778-780
ページ数3
ジャーナルChemical Communications
6
DOI
出版ステータスPublished - 2005 2月 14
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「Generation and aromaticity of 2-silaimidazolium ion, a new π-conjugated silylium ion」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル