Design and synthesis of thiazoline-thiazole hybrid macrocycles possessing strong binding affinity to Pb2+ and Cd2+

Fu She Han, Hidetoshi Tokuyama, Tohru Fukuyama

研究成果: Article査読

9 被引用数 (Scopus)

抄録

Thiazoline-thiazole hybrid macrocycles were synthesized via head-to-tail cyclooligomerization. The macrocycle consisting of eight heterocyclic subunits displays high binding affinity to the heavy metal toxins Pb2+ and Cd2+.

本文言語English
ページ(範囲)3444-3446
ページ数3
ジャーナルChemical Communications
33
DOI
出版ステータスPublished - 2007

ASJC Scopus subject areas

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「Design and synthesis of thiazoline-thiazole hybrid macrocycles possessing strong binding affinity to Pb<sup>2+</sup> and Cd<sup>2+</sup>」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル