22 被引用数 (Scopus)

抄録

In supercritical water the rate of methanol oxidation was controlled by ionic behavior as follows: the oxidation rate of methanol decreased with increasing proton and hydroxide ion concentration, possibly due to stabilization of the reactant, while that of CO was suppressed by added protons and enhanced by added hydroxide ions.

本文言語English
ページ(範囲)2270-2271
ページ数2
ジャーナルChemical Communications
1
21
DOI
出版ステータスPublished - 2001

ASJC Scopus subject areas

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「Control of methanol oxidation by ionic behavior in supercritical water」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル