Change of the Fermi surface at the metamagnetic transition in CeRu2Si2

Y. Onuki, A. K. Albessard, H. Aoki, S. Uji

研究成果: Article査読

4 被引用数 (Scopus)

抄録

From the de Haas-van Alphen experiments in CeRu2Si2, an itinerant 4f electron-Fermi surface is most likely changed into the localized one at the metamagnetic transition.

本文言語English
ページ(範囲)665-667
ページ数3
ジャーナルPhysica B: Physics of Condensed Matter
199-200
C
DOI
出版ステータスPublished - 1994 4 2

ASJC Scopus subject areas

  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • 凝縮系物理学
  • 電子工学および電気工学

フィンガープリント

「Change of the Fermi surface at the metamagnetic transition in CeRu<sub>2</sub>Si<sub>2</sub>」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル