Asymmetric activation of racemic ruthenium(II) complexes for enantioselective hydrogenation [9]

T. Ohkuma, H. Doucet, T. Pham, K. Mikami, T. Korenaga, M. Terada, R. Noyori

研究成果: Letter査読

215 被引用数 (Scopus)
本文言語English
ページ(範囲)1086-1087
ページ数2
ジャーナルJournal of the American Chemical Society
120
5
DOI
出版ステータスPublished - 1998 2 11
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 触媒
  • 化学 (全般)
  • 生化学
  • コロイド化学および表面化学

引用スタイル