A technique for long duration Q-switching of a ruby pulse laser

T. Kitagaki, S. Tanaka, Akira Yamaguchi, K. Furuno, S. Nakai, K. Numano, T. Takayama, T. Nakajima, J. Katayama, H. Hanada

研究成果: Article査読

3 被引用数 (Scopus)

抄録

A technique is described for extended time flashlamp firing using a Q-switching ruby laser, which gives a fairly constant output energy when triggered at any time over 1 ms.

本文言語English
ページ(範囲)461-463
ページ数3
ジャーナルNuclear Inst. and Methods in Physics Research, A
265
3
DOI
出版ステータスPublished - 1988 3 15

ASJC Scopus subject areas

  • 核物理学および高エネルギー物理学
  • 器械工学

フィンガープリント

「A technique for long duration Q-switching of a ruby pulse laser」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル