A rodlike organogelator: Fibrous aggregation of azobenzene derivatives with a syn-chiral carbonate moiety

Jun Ichi Mamiya, Kiyoshi Kanie, Tamejiro Hiyama, Tomiki Ikeda, Takashi Kato

研究成果: Article査読

75 被引用数 (Scopus)

抄録

A chiral azobenzene derivative containing a cyclic syn-carbonate moiety functions as a gelator for various organic solvents; the dipole-dipole interaction drives the fibrous self-assembly of the rodlike gelator.

本文言語English
ページ(範囲)1870-1871
ページ数2
ジャーナルChemical Communications
17
DOI
出版ステータスPublished - 2002 1月 1
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学 (全般)
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「A rodlike organogelator: Fibrous aggregation of azobenzene derivatives with a syn-chiral carbonate moiety」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル