A Concise enantioselective synthesis of acromelic acid B from (S)-O-benzylglycidol

Seiichi Takano, Shun'ichi Tomita, Yoshiharu Iwabuchi, Kunio Ogasawara

研究成果: Article査読

32 被引用数 (Scopus)

抄録

The potent neurotoxin, acromelic acid B, has been synthesized by an enantioselective route employing an intramolecular 1,3-dipolar cyclization as the key step.

本文言語English
ページ(範囲)1473-1476
ページ数4
ジャーナルHeterocycles
29
8
DOI
出版ステータスPublished - 1989 8 1

ASJC Scopus subject areas

  • 分析化学
  • 薬理学
  • 有機化学

フィンガープリント

「A Concise enantioselective synthesis of acromelic acid B from (S)-O-benzylglycidol」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル