• 370 引用
  • 4 h指数
20042020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Yuko Omoriが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 19 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 370 引用
  • 4 h指数
  • 15 Article

Genetic Tracing of Clonal Expansion and Progression of Pancreatic Ductal Adenocarcinoma: A Case Report and Multi-Region Sequencing Analysis

Tachibana, S., Mizukami, Y., Ono, Y., Sugiyama, Y., Okada, T., Kitazaki, A., Sasajima, J., Tominaga, M., Sakamoto, J., Kimura, K., Omori, Y., Furukawa, T., Kimura, T., Tanaka, S., Nagashima, K., Karasaki, H., Ohta, T. & Okumura, T., 2020 6 2, : : Frontiers in Oncology. 10, 728.

研究成果: Article

公開
  • How does intestinal-type intraductal papillary mucinous neoplasm emerge? CDX2 plays a critical role in the process of intestinal differentiation and progression

    Omori, Y., Ono, Y., Kobayashi, T., Motoi, F., Karasaki, H., Mizukami, Y., Makino, N., Ueno, Y., Unno, M. & Furukawa, T., 2020 7 1, : : Virchows Archiv. 477, 1, p. 21-31 11 p.

    研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)

    Metachronous intraductal papillary mucinous neoplasms disseminate via the pancreatic duct following resection

    Nagai, K., Mizukami, Y., Omori, Y., Kin, T., Yane, K., Takahashi, K., Ono, Y., Sugitani, A., Karasaki, H., Shinohara, T., Furukawa, T., Hayashi, T., Okumura, T., Maguchi, H. & Katanuma, A., 2020 5 1, : : Modern Pathology. 33, 5, p. 971-980 10 p.

    研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)
  • 1 引用 (Scopus)