• 690 引用
  • 14 h指数
20042020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Yoshikazu Oharaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 9 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Detecting and imaging stress corrosion cracking in stainless steel, with application to inspecting storage canisters for spent nuclear fuel

Remillieux, M. C., Kaoumi, D., Ohara, Y., Stuber Geesey, M. A., Xi, L., Schoell, R., Bryan, C. R., Enos, D. G., Summa, D. A., Ulrich, T. J., Anderson, B. E. & Shayer, Z., 2020 1, : : NDT and E International. 109, 102180.

研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)
  • Toward an ultra-high resolution phased-array system for 3D ultrasonic imaging of solids

    Ohara, Y., Remillieux, M. C., Onuma, T., Tsunoda, K., Tsuji, T. & Mihara, T., 2020 9 14, : : Applied Physics Letters. 117, 11, 0021282.

    研究成果: Article

  • Fundamental wave amplitude difference imaging for detection and characterization of embedded cracks

    Haupert, S., Ohara, Y., Carcreff, E. & Renaud, G., 2019 7, : : Ultrasonics. 96, p. 132-139 8 p.

    研究成果: Article

  • 3 引用 (Scopus)
  • 4 引用 (Scopus)