• 4122 引用
  • 40 h指数
1988 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Toshifumi Inadaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 3 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

Crucial role of leaky initiation of uORF3 in the downregulation of HNT1 by ER stress

Matsuki, Y., Saito, T., Nakano, Y., Hashimoto, S., Matsuo, Y. & Inada, T., 2020 7 12, : : Biochemical and biophysical research communications. 528, 1, p. 186-192 7 p.

研究成果: Article

公開
  • Expanding role of ubiquitin in translational control

    Dougherty, S. E., Maduka, A. O., Inada, T. & Silva, G. M., 2020 2 1, : : International journal of molecular sciences. 21, 3, 1151.

    研究成果: Review article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Genome-wide Survey of Ribosome Collision

    Han, P., Shichino, Y., Schneider-Poetsch, T., Mito, M., Hashimoto, S., Udagawa, T., Kohno, K., Yoshida, M., Mishima, Y., Inada, T. & Iwasaki, S., 2020 5 5, : : Cell Reports. 31, 5, 107610.

    研究成果: Article

    公開
  • 3 引用 (Scopus)

    Quality controls induced by aberrant translation

    Inada, T., 2020 2 20, : : Nucleic acids research. 48, 3, p. 1084-1096 13 p.

    研究成果: Review article

    公開
  • 2 引用 (Scopus)

    RQT complex dissociates ribosomes collided on endogenous RQC substrate SDD1

    Matsuo, Y., Tesina, P., Nakajima, S., Mizuno, M., Endo, A., Buschauer, R., Cheng, J., Shounai, O., Ikeuchi, K., Saeki, Y., Becker, T., Beckmann, R. & Inada, T., 2020 4 1, : : Nature Structural and Molecular Biology. 27, 4, p. 323-332 10 p.

    研究成果: Article

  • 4 引用 (Scopus)