• 971 引用
  • 17 h指数
19992020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Takenori Ogawaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 10 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 971 引用
  • 17 h指数
  • 71 Article
  • 2 Review article
  • 1 Chapter

A multicenter phase II trial of paclitaxel, carboplatin, and cetuximab followed by chemoradiotherapy in patients with unresectable locally advanced squamous cell carcinoma of the head and neck

Enokida, T., Ogawa, T., Homma, A., Okami, K., Minami, S., Nakanome, A., Shimizu, Y., Maki, D., Ueda, Y., Fujisawa, T., Motegi, A., Ohkoshi, A., Taguchi, J., Ebisumoto, K., Nomura, S., Okano, S. & Tahara, M., 2020 3 1, : : Cancer medicine. 9, 5, p. 1671-1682 12 p.

研究成果: Article

公開
  • 1 引用 (Scopus)
  • Immunotherapy for squamous cell carcinoma of the head and neck

    Japan Clinical Oncology Group (JCOG) Head and Neck Cancer Study Group, 2020 9 28, : : Japanese journal of clinical oncology. 50, 10, p. 1089-1096 8 p.

    研究成果: Article

  • Management of adenoid cystic carcinoma of the head and neck: A single-institute study with over 25-year follow-up

    Ishida, E., Ogawa, T., Rokugo, M., Ishikawa, T., Wakamori, S., Ohkoshi, A., Usubuchi, H., Higashi, K., Ishii, R., Nakanome, A. & Katori, Y., 2020 7 2, : : Head and Face Medicine. 16, 1, 14.

    研究成果: Article

    公開