• 10056 引用
  • 21 h指数
1994 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Takahiro Shintaniが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 9 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 10056 引用
  • 21 h指数
  • 46 Article
  • 4 Review article
  • 2 Comment/debate

Alternative transcription start sites of the enolase-encoding gene enoA are stringently used in glycolytic/gluconeogenic conditions in Aspergillus oryzae

Inoue, T., Toji, H., Tanaka, M., Takama, M., Hasegawa-Shiro, S., Yamaki, Y., Shintani, T. & Gomi, K., 2020 8 1, : : Current Genetics. 66, 4, p. 729-747 19 p.

研究成果: Article

  • 1 引用 (Scopus)
  • 9 引用 (Scopus)
  • 4 引用 (Scopus)

    Subcellular localization of aphidicolin biosynthetic enzymes heterologously expressed in Aspergillus oryzae

    Ban, A., Tanaka, M., Fujii, R., Minami, A., Oikawa, H., Shintani, T. & Gomi, K., 2018, : : Bioscience, Biotechnology and Biochemistry. 82, 1, p. 139-147 9 p.

    研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)