• 1996 引用
  • 24 h指数
1993 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Motoyori Kanazawaが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 8 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 1996 引用
  • 24 h指数
  • 60 Article
  • 5 Letter
  • 5 Review article
  • 3 Chapter
  • 2 引用 (Scopus)

    The effects of locomotor activity on gastrointestinal symptoms of irritable bowel syndrome among younger people: An observational study

    Hamaguchi, T., Tayama, J., Suzuki, M., Nakaya, N., Takizawa, H., Koizumi, K., Amano, Y., Kanazawa, M. & Fukudo, S., 2020 5, : : PloS one. 15, 5, e0234089.

    研究成果: Article

    公開
  • 公開
  • 2 引用 (Scopus)
  • 3 引用 (Scopus)

    Increased postprandial colonic motility and autonomic nervous system activity in patients with irritable bowel syndrome: A prospective study

    Tanaka, Y., Kanazawa, M., Palsson, O. S., Van Tilburg, M. A., Gangarosa, L. M., Fukudo, S., Drossman, D. A. & Whitehead, W. E., 2018 1 1, : : Journal of Neurogastroenterology and Motility. 24, 1, p. 87-95 9 p.

    研究成果: Article

  • 6 引用 (Scopus)