• 150 引用
  • 4 h指数
20132018

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Masaki Hosoganeが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 2 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 150 引用
  • 4 h指数
  • 6 Article

Acetylation of Cytidine in mRNA Promotes Translation Efficiency

Arango, D., Sturgill, D., Alhusaini, N., Dillman, A. A., Sweet, T. J., Hanson, G., Hosogane, M., Sinclair, W. R., Nanan, K. K., Mandler, M. D., Fox, S. D., Zengeya, T. T., Andresson, T., Meier, J. L., Coller, J. & Oberdoerffer, S., 2018 12 13, : : Cell. 175, 7, p. 1872-1886.e24

研究成果: Article

公開
  • 71 引用 (Scopus)
  • 1 引用 (Scopus)

    Geminin is an indispensable inhibitor of Cdt1 in mouse embryonic stem cells

    Hosogane, M., Bosu, L., Fukumoto, E., Yamada, H., Sato, S. & Nakayama, K., 2017 4 1, : : Genes to Cells. 22, 4, p. 360-375 16 p.

    研究成果: Article

  • 2 引用 (Scopus)

    Lack of Transcription Triggers H3K27me3 Accumulation in the Gene Body

    Hosogane, M., Funayama, R., Shirota, M. & Nakayama, K., 2016 7 19, : : Cell Reports. 16, 3, p. 696-706 11 p.

    研究成果: Article

  • 24 引用 (Scopus)

    Opposing functions of Fbxw7 in keratinocyte growth, differentiation and skin tumorigenesis mediated through negative regulation of c-Myc and Notch

    Ishikawa, Y., Hosogane, M., Okuyama, R., Aoyama, S., Onoyama, I., Nakayama, K. I. & Nakayama, K., 2013 4 11, : : Oncogene. 32, 15, p. 1921-1932 12 p.

    研究成果: Article

  • 19 引用 (Scopus)