• 13227 引用
  • 60 h指数
1978 …2020

年単位の研究成果

Pureに変更を加えた場合、すぐここに表示されます。

フィンガープリント Kensaku Mizunoが有効な場合、研究トピックを掘り下げます。このトピックラベルは、この人物の業績からのものです。これらはともに一意のフィンガープリントを構成します。

  • 4 同様のプロファイル

ネットワーク 最近の国レベルでの外部協力。点をクリックして詳細を開いてください。

研究成果

  • 13227 引用
  • 60 h指数
  • 165 Article
  • 7 Review article
  • 2 Comment/debate
  • 1 Conference contribution
  • The Rho-guanine nucleotide exchange factor Solo decelerates collective cell migration by modulating the Rho-ROCK pathway and keratin networks

    Isozaki, Y., Sakai, K., Kohiro, K., Kagoshima, K., Iwamura, Y., Sato, H., Rindner, D., Fujiwara, S., Yamashita, K., Mizuno, K. & Ohashi, K., 2020 3, : : Molecular biology of the cell. 31, 8, p. 741-752 12 p.

    研究成果: Article

    公開
  • 1 引用 (Scopus)

    Keratin-binding ability of the N-terminal Solo domain of Solo is critical for its function in cellular mechanotransduction

    Fujiwara, S., Matsui, T. S., Ohashi, K., Mizuno, K. & Deguchi, S., 2019 5, : : Genes to Cells. 24, 5, p. 390-402 13 p.

    研究成果: Article

  • 4 引用 (Scopus)

    Cullin-3–KCTD10-mediated CEP97 degradation promotes primary cilium formation

    Nagai, T., Mukoyama, S., Kagiwada, H., Goshima, N. & Mizuno, K., 2018 1 1, : : Journal of cell science. 131, 24, jcs219527.

    研究成果: Article

  • 4 引用 (Scopus)

    Glucose deprivation induces primary cilium formation through mTORC1 inactivation

    Takahashi, K., Nagai, T., Chiba, S., Nakayama, K. & Mizuno, K., 2018 1 1, : : Journal of cell science. 131, 1, jcs.208769.

    研究成果: Article

  • 10 引用 (Scopus)